サグーワークスはライティング案件に特化したクラウドソーシングサイトです。案件の分野は豊富にあり、初心者ライターでも自分ができそうな仕事を引き受けながら、スキルを伸ばしていくことができます。そんなサグーワークスの魅力をご紹介します。

ライターとクライアントのやり取りは必要なし


サグーワークスの良い点は「ライターの負担が少ない」ところです。ライターは登録を済ませると、あとは提示されている案件を自由に選んで執筆にとりかかることができます。記事を完成されて送信すれば、審査を待つだけです。承認は早ければ数時間、遅くても1週間程度で結果が出ます。記事が承認されれば報酬として換金可能なポイントがもらえます。たとえ作成した記事に不備があって非承認になっても、ポイントがもらえないだけでペナルティはありません。また、非承認時にはアドバイスがもらえるので、次のライティングに生かすことができます。
以上がサグーワークスでのライティングの流れです。ライターとクライアントの直接のやり取りは必要なく、初心者でも気軽に利用できるシステムになっています。

レベルアップやグレード制度でゲームのように楽しく利用できる


サグーワークスには「レベル」と「グレード」という制度があります。
レベルは累計のポイントが一定値を超えると上がるようになっています。レベルアップするごとにそのレベルに応じたスポイントがボーナスとして加算されます。
サグーワークスではライターにレギュラー、ゴールド、プラチナの3段階のグレードが与えられます。最初はレギュラーからのスタートになります。グレードは「一球入魂」という高単価な案件があり、その記事で承認をもらい続けて承認率などが一定以上になるとグレードがゴールドに上がります。グレードが上がると一球入魂の案件で報酬が上がるなどの特典がもらえます。グレードがプラチナになるためには、ライティングのテストに合格する必要があります。プラチナライターになると、さらなる高額案件を受託することができます。
このように、サグーワークスはレベルとグレードで自分の実力をわかりやすく把握することができるので、ゲームのようにモチベーションを保ったまま利用することができます。

サグーワークスは幅広い人が利用している


サグーワークスは学生や主婦から専業ライターまで幅広い人が利用しているクラウドソーシングです。ライター業が未経験の人でも慣れてくれば、どんどん案件をとれるようになります。あなたもサグーワークスでライティングを始めてみませんか?