副業初心者でも気軽に挑戦できるインターネットでの記事作成の仕事ですが、記事作成を代行できるサービスも存在します。クラウドソージングの違いと、代表的なサービスである「サグーワークス」の事例を説明します。

クラウドソージングとの違い


ブログなどのコンテンツ作成は、一般的には自分自身で行いますが、記事作成の仕事を希望している人も多数存在します。そういった人達は、記事作成の仕事ができる業者に登録しているため、記事外注の体制も整っています。クラウドソージングの場合、ライターへの選定や指示、やりとり等を自分で行う必要があり、かつ料金は個別相談です。一方、記事作成の代行では、それらの作業等はすべて業者が担当することから、外注を行う初心者にとっては、手間が省けるメリットがあります。

主な記事作成代行サービス


多くの記事作成代行サービスがある中で、代表的と言えるものが「サグーワークス」です。オーダーメイドプランとオンライン発注プランの2つが用意されています。ライターへの記事作成に対する指示を細かく決められる点が特徴で、ライターのレベルに応じた案件を発注できることが強みです。オーダーメイドでは、記事発注の際に相談できるアシスタントが付いてくる代わりに、20万円以上の発注額が必要となります。オンライン発注の場合は、1文字につき1円から利用できるため、初心者に最適のプランです。1文字あたりの発注額は、0.75円から3円の間で変動、表計算ソフトのエクセルで記事を納品する形となります。納期の目安は7日間、支払い方法については、クレジットカードやコンビニ決済などが使えます。サグーワークスでの記事代行を使うコツとしては、説明文や体験談などをベースとした内容のものを、発注金額とライターレベルを考慮して記事を発注することが重要です。また、5,000文字未満の記事では、200円の事務手数料かかることから、できる限り5,000文字以上の記事発注を心がけます。

記事外注の手間を省きながらも柔軟にできる


記事作成代行サービスのメリットは、ライターへの記事作成依頼の手間を省けることです。文字数に応じて発注額は変わってくるものの、きめ細かい指示ができるサービスを選ぶことで、柔軟な記事の外注ができます。